アトランティスの亡霊 アトランティス 亡霊 宇宙艦隊 ナノマシン 人工電子結界 陸戦型戦闘機 先進型機動甲冑 小説 SF 学園 軍事 鬼 悪魔 ミリタリー イラスト 美少女 萌

アトランティスの亡霊【資料室】

アトランティスの亡霊の各種資料

戦艦 2

    ●扶桑 級・・・第7世代型
        扶桑 級戦艦と呼ばれ、4隻の先行試作艦が計画された。
        姉妹艦として山城が建造されたが、途中で計画が変更され量産は伊勢級に集約する事になったため、計画自体が白紙となり、4隻のうちの残った2隻の先行試作艦は、日本艦隊に配属されることなくペンシルバニア、アリゾナと命名されてアメリカ艦隊に引き取られた。
        比較的重装備の戦艦ではあるが、速力と攻撃力を重視した結果防御が薄い欠点を持ち、改良型の伊勢に資本を集中する事となった。
        武装は、金剛級と同等の装備を保有しているが、搭載数が増加しており攻撃力が向上している。
        基本的な船体構造は金剛級と同等の為、戦闘ブロックが増加した分、装甲ブロックが削減されてしまった。

        なお、このクラスからはアトランティス艦隊標準装備のADE-PHB73T型核融合炉から、地球製のSPシリーズ加圧水型熱転換炉が搭載されるようになった。


        アメリカ戦略宇宙軍
            ペンシルバニア
            アリゾナ

        全長    :900m
        最大全幅:470m
        最大全高:470m
        正規乗員:580名
        搭載航空機:180機

        対艦武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                50cm3連装レーザー砲 12基
                120cm魚雷6セルVLS 4基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2020EBT35型35cm連装電磁砲20基
                YASS2020EBLS20型20cm単装電磁砲20基
            アットー・メララ社製【地球企業】
                MASS2019NBS025型250mm単装近接速射砲16基

        近接対空武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                40mm連装近接レーザー砲 20基
                30mm単装近接レーザー砲 36基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2019EGT030型30mm連装電磁砲18基
            エルコン社製【地球企業】
                LASS2019NGT030型30mm近接連装砲18基
            ロッキーマウンテン社製【地球企業】
                Mk-77 宇宙用 VLS8基
                    SM-8 RIM-222 ブロック2 近接対空ドローン【ライセオン社製】
                    SM-8 SGM-123A 宙対艦ドローン【ゴーイング社製】
                    SM-8 SSM-10S 宙対艦ドローン【四菱重工社製】
            四菱重工社製【地球企業】
                YHI8-Mk3 ガーランド 複合CIWS×4機
                    Gsh-30J 30mmガトリング×2門
                    SA-33SJ 宙対宙ドローン12連装VLS×2機
                    ※コールチクの発展宇宙改良型の日本ライセンス生産版

        防御武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                対エネルギーナノシールド(人工電子結界)
                対損傷ナノリペア
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                対艦隊戦攪乱ナノデコイ(識神)


        主力艦載機
            四菱重工社製【地球企業】
                SSF-20122J 艦上戦闘機(SSF-20122 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SSA-20120J 艦上攻撃機(SSF-20120 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SU-35J(SU-35日本空軍用ライセンス生産版) 制空戦闘機
                Mig-29S(ロシア戦略宇宙軍仕様 局地戦闘機)
                その他、偵察ドローン、AWACS、戦闘救難機 等 少数

        機関
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                ADE-NGG03E型ネガティブグラヴィティジェネレーター3基
                ADE-MGD03B型 亜高速ドライブ 10基
        アトランティック・サイキック・エレクトロニクス社製
                ASE-SG01A型 サイキックジェネレーター1基
        グラビティ・トラクター・アンカー 8基

 

 


    ●伊勢 級・・・第7世代型
        伊勢 級戦艦と呼ばれ、2隻の先行試作艦が建造された。
        姉妹艦として、日向が建造されている。
        伊勢と日向は、当初戦艦として建造されたが、アルファケンタウル付近で公式試運転中にアンドロメダ艦隊の襲撃を受て大破した。
        アルファケンタウル星系はダイダロス艦隊が守備していたが、ダイダロス艦隊の支援に加わり実戦に参加。
        圧倒多数のアンドロメダ艦を相手に奮闘するも両艦ともに回復不可能なダメージを負ってしまう。
        しかしアルファケンタウル星系の防衛に成功した事で、ダイダロス艦隊工廠での修理が許可されダイダロス艦隊仕様の空母パーツを入手。
        このパーツを強引に結合させる事で戦闘空母として復活する事となった。

        武装は、扶桑 級と同じ装備を有しているが、扶桑 級で問題となった装甲ブロックは強化されており、
        船体構造はやや大きくなっている。
        アルファケンタウル会戦で傷ついた伊勢と日向は、損傷を受けた戦闘ブロックの一部をダイダロス戦艦の先進的なビーム砲に置き換えられており、光学兵器の打撃力が大幅に強化されている。

        この級は、最終的には量産型戦艦として計画され、上記2隻の先行試作艦の他、38隻の量産型が建造された。
        この為、先行試作艦2艦はお互いに微妙に仕様が異なっており、うち伊勢がアメリカ、ロシア、日向がイギリス、フランス、ドイツの艦隊の量産型雛型として採用された。
        ただし、戦闘空母となったのはオリジナルの試作艦のみで、量産艦は戦艦仕様のままである。

        艦載機は、基本的に空母と同じ仕様の航空機を搭載している。
        ただ大気圏内用の航空機に関しては、各国の思惑により機種が統一されておらず、ロシア艦隊は系統が同一という理由で日本艦隊と同じだが、アメリカ艦隊とイギリス/ドイツ艦隊は、ユーロファイター、フランス艦隊は、ラファールSタイプを配備している。
        本来、フランス艦隊もNATO軍所属と言うことでユーロファイターを配備する予定だったが、艦上戦闘機として実績があったラファールEタイプの採用を強行に主張し、本来アトランティス艦隊としても同機の採用を希望していた経緯もあり、フランス艦隊のみにラファールSが配備されることとなった。
        ラファールはユーロファイターど同世代で、地球軍の4.5世代機のカテゴリーに属する旧型機だが、強化されたステルス性と攻撃オプションの豊富さはユーロファイターと同等で戦力としては十分な活躍が期待できた。


        アメリカ戦略宇宙軍
            ニューメキシコ
            ミシシッピ
            アイダホ
            カリフォルニア
            テネシー
        イギリス王立宇宙軍
            クイーン・エリザベス
            ヴァリアント
            バーラム
            マラヤ
            ウォースパイト
            ロイヤル・ソベリン
            ロイヤル・オーク
            リヴェンジ
            レゾリューション
            ラミリーズ
            キング・ジョージ
            プリンス・オブ・ウェールズ
            アンソン
            デューク・オブ・ヨーク
            ハウ
        フランス空軍NATO宇宙軍
            リシュリュー
            ジャン・バール
            クレマンソー
            ノルマンディ
            ラングドック
            フランドル
            ガスコーニュ
            ベアルン
            リヨン
            リール
            デュケーヌ
            トゥールヴィル
        ドイツ空軍NATO宇宙軍
            ビスマルク
            ティルピッツ
        ロシア戦略宇宙空軍
            ボロディノ
            イズメイル
            キンバーン
            ナヴァラン

 

        (竣工時)
        全長    :980m
        最大全幅:470m
        最大全高:470m
        正規乗員:590名
        搭載航空機:180機

        対艦武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                50cm3連装レーザー砲 12基
                120cm魚雷6セルVLS 4基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2020EBT35型35cm連装電磁砲20基
                YASS2020EBLS20型20cm単装電磁砲20基
            アットー・メララ社製【地球企業】
                MASS2019NBS025型250mm単装近接速射砲16基

        近接対空武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                40mm連装近接レーザー砲 20基
                30mm単装近接レーザー砲 36基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2019EGT030型30mm連装電磁砲18基
            エルコン社製【地球企業】
                LASS2019NGT030型30mm近接連装砲18基
            ロッキーマウンテン社製【地球企業】
                Mk-77 宇宙用 VLS8基
                    SM-8 RIM-222 ブロック2 近接対空ドローン【ライセオン社製】
                    SM-8 SGM-123A 宙対艦ドローン【ゴーイング社製】
                    SM-8 SSM-10S 宙対艦ドローン【四菱重工社製】
            四菱重工社製【地球企業】
                YHI8-Mk3 ガーランド 複合CIWS×4機
                    Gsh-30J 30mmガトリング×2門
                    SA-33SJ 宙対宙ドローン12連装VLS×2機
                    ※コールチクの発展宇宙改良型の日本ライセンス生産版

        防御武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                対エネルギーナノシールド(人工電子結界)
                対損傷ナノリペア
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                対艦隊戦攪乱ナノデコイ(識神)


        主力艦載機
            四菱重工社製【地球企業】
                SSF-20122J 艦上戦闘機(SSF-20122 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SSA-20120J 艦上攻撃機(SSF-20120 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SU-35J(SU-35日本空軍用ライセンス生産版) 制空戦闘機
                Mig-29S(ロシア戦略宇宙軍仕様 局地戦闘機)
                その他、偵察ドローン、AWACS、戦闘救難機 等 少数

        機関
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                ADE-NGG03E型ネガティブグラヴィティジェネレーター3基
                ADE-MGD03B型 亜高速ドライブ 10基
        アトランティック・サイキック・エレクトロニクス社製
                ASE-SG01A型 サイキックジェネレーター1基
        グラビティ・トラクター・アンカー 8基


    ●長門 級・・・第7世代型
        長門 級戦艦と呼ばれ、2隻の先行試作艦が建造された。
        姉妹艦として、陸奥が建造されている。
        アトランティス量産型戦艦中最強を誇り、計画中の大和級を除けば最大クラスの戦艦である。

        光学系兵装は、アトランティスと地球が共同で開発した60cm連装レーザーを16基装備して、遠距離での砲撃戦能力を大幅に向上させている。
        また、従来は6セルだった魚雷VLSが12セルとなり核攻撃能力も大幅に強化されている。
        アトランティス艦隊のVLSは圧縮ガスで艦外に放り出して、点火するコールドランチ形式を採用しており、12セル(また6セル)の同時発射が可能となっている。
        ただし、同時発射による魚雷同士の接触を回避する為に、実際の発射には若干時間差を置いている。
        地球製のドローン用VLS(Mk-77系統)は、ホットランチ形式の8セルで1発ずつでしか発射出来ないが、戦争末期には後期型として圧縮ガスで艦外に放り出して、点火するコールドランチ形式に仕様が変更された。

        当初搭載していた電磁砲は、伊勢級と同程度の性能ものを搭載する予定だったが、後発で建造していた
        赤城/加賀が空母に変更された為、余剰となった赤城/加賀に搭載予定だった最新の電磁砲が搭載された。
        従来の戦艦に搭載されていた電磁砲から口径が拡大され、さらに環状ループ式加速器を使用する事で、火力が大幅に向上している。
        このループ式の電磁砲は対空火器にも採用され、対空防御も強化されている。
        防御力はアトランティス/地球軍史上最高を誇り不沈戦艦として活躍が期待されている。

        量産型戦艦として計画され、上記2隻の先行試作艦の他、20隻の量産型が建造された。
        この為、先行試作艦2艦はお互いに微妙に仕様が異なっており、
        うち陸奥が地球艦隊量産型の雛型として採用された。

        アメリカ戦略宇宙軍
            メリーランド
            ウエスト・ヴァージニア
            コロラド
            ノース・カロライナ
            ワシントン
            サウス・ダコタ
            アラバマ
            マサチューセッツ
            イリノイ
            アイオワ
            ニュージャージー
            ミズーリ
            ウィスコンシン
        イギリス王立宇宙軍
            ネルソン
            ロドネー
        フランス空軍NATO宇宙軍
            ブルコーニュ
        ロシア戦略宇宙空軍
            ソビエツキー・ソユーズ
            ソビエッカヤ・ウクライナ
            ソビエッカヤ・ベロルーシア
            ソビエッカヤ・ロシア

 

        全長    :1300m
        最大全幅:510m
        最大全高:510m
        正規乗員:700名
        搭載航空機:250機

        対艦武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                60cm連装レーザー砲 16基
                120cm魚雷12セルVLS 4基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2020EBT36R型A 36cm連装電磁ループ砲10基
                YASS2020EBT46R型A 46cm3連装電磁ループ砲10基
            アットー・メララ社製【地球企業】
                MASS2019NBS025型250mm単装近接速射砲16基

        近接対空武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                40mm連装近接レーザー砲 20基
                30mm単装近接レーザー砲 36基
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                YASS2019EGT030R型A 30mm連装電磁ループ砲18基
            エルコン社製【地球企業】
                LASS2019NGT030R型A 30mm近接連装ループ砲18基
            ロッキーマウンテン社製【地球企業】
                Mk-77 宇宙用 VLS8基
                    SM-8 RIM-222 ブロック2 近接対空ドローン【ライセオン社製】
                    SM-8 SGM-123A 宙対艦ドローン【ゴーイング社製】
                    SM-8 SSM-10S 宙対艦ドローン【四菱重工社製】
            四菱重工社製【地球企業】
                YHI8-Mk3 ガーランド 複合CIWS×4機
                    Gsh-30J 30mmガトリング×2門
                    SA-33SJ 宙対宙ドローン12連装VLS×2機
                    ※コールチクの発展宇宙改良型の日本ライセンス生産版

        防御武装
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                対エネルギーナノシールド(人工電子結界)
                対損傷ナノリペア
            ヤマト・インダストリーズ社製【地球企業】
                対艦隊戦攪乱ナノデコイ(識神)


        主力艦載機
            四菱重工社製【地球企業】
                SSF-20122J 艦上戦闘機(SSF-20122 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SSA-20120J 艦上攻撃機(SSF-20120 の日本空軍用ライセンス生産版)
                SU-35J(SU-35日本空軍用ライセンス生産版) 制空戦闘機
                Mig-29S(ロシア戦略宇宙軍仕様 局地戦闘機)
                その他、偵察ドローン、AWACS、戦闘救難機 等 少数

        機関
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社製
                ADE-NGG03E型ネガティブグラヴィティジェネレーター4基
                ADE-MGD03B型 亜高速ドライブ 16基
        アトランティック・サイキック・エレクトロニクス社製
                ASE-SG01A型 サイキックジェネレーター3基
        グラビティ・トラクター・アンカー 12基


    ●大和 級・・・第7世代型
        大和 級戦艦と呼ばれ、開戦直前に5隻の先行試作艦が極秘に建造されていた。
        姉妹艦として、武蔵、信濃、紀伊、尾張が建造されている。
        アトランティス人と日本人の職人がもてるすべての能力を妥協なく注ぎ込んだ本級は、確認されている銀河系内では最大最強クラスと、他のクラスを遥かに上回る巨大戦艦のため、建造期間とコストが非常に高く、20隻程度の量産が計画されていたが、開戦となった為に量産計画は中止された。
        見た目の巨大さとはかけはなれた駆逐艦並みの機動性を有する上、戦艦でありながら空母並みの搭載数を誇る艦載機も配備しており、強大な戦闘力を有している。 事実上の戦闘空母に相当するが、航空ブロックよりも戦闘ブロックの比率の方が高い(1:3)ので、戦艦として識別されている。
         ※通常、戦闘空母は航空ブロック/戦闘ブロックの比率は約2:1である。
        このクラスをさらに大型化し機動要塞の代替として銀河間戦闘の中核艦とする計画も噂されているが、大和級そのものが極秘プロジェクトである事から実際のところは不明である。

広告を非表示にする
RSS Feed Widget