アトランティスの亡霊 アトランティス 亡霊 宇宙艦隊 ナノマシン 人工電子結界 陸戦型戦闘機 先進型機動甲冑 小説 SF 学園 軍事 鬼 悪魔 ミリタリー イラスト 美少女 萌
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティスの亡霊【資料室】

アトランティスの亡霊の各種資料

司法警察

アトランティス帝国の警察組織は本国が崩壊したために、警察機構も失われてしまった。
しかし艦隊には、警察と同等の捜査権を持つ組織が編成れており、軍と言う特殊事情に埋もれた犯罪を法に基づき捜査し事件の解決をはかっている。
これを司法警察と呼んでいる。
警察とはいうものの、軍の一部ではあるので、当然武装は軍に準じている。

この組織とは別に、自警団というものも組織されている。
日本でいう消防団の警察版で、地域ごとに1個中隊が編成されている。
ただ、こちらは事件捜査というより、暴力事件や暴動等の警備活動のほか、司法警察が駆けつけるのに時間が必要だけれど緊急の警備が必要な比較的バイオレンスな事案に対して自主的に出動する。
ただ、日本の消防団組織を参考にしているため、災害出動や地域防災、火災への対応にも従事する。
そのため、正面装備として地域から寄付された消防車や、日本軍から払い下げられた戦車などが配備されている。

※補足:

裁判制度も崩壊したが、数少ない民間人から司法陪審委員会がランダムで7名が選出れ、裁判官の役目を負う。
存亡の危機下にあるアトランティスでは、国家総動員法下における優先事項でもあり、休業補償が支給される。

広告を非表示にする
RSS Feed Widget