アトランティスの亡霊 アトランティス 亡霊 宇宙艦隊 ナノマシン 人工電子結界 陸戦型戦闘機 先進型機動甲冑 小説 SF 学園 軍事 鬼 悪魔 ミリタリー イラスト 美少女 萌
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティスの亡霊【資料室】

アトランティスの亡霊の各種資料

主要納入メーカー

主要納入メーカー

----------------------------------------------------------------------------------------------------

        ■アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社【アトランティス企業:和名】
            アトランティス艦隊の主要装備の大部分を占める兵器を開発している国営企業
            本社はアトランティス帝国崩壊とともにアンドロメダ系の企業に接収されたが、
            天の川派遣艦隊のサポートとメインテナンスのために随伴した技術部隊が、
            現在の本社機能として動いている。

            ●納入装備
                対艦武装
                    45cm3連装レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力砲
                    50cm3連装レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力砲
                    60cm2連装レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力砲

                                            艦隊砲撃戦で使用する大口径砲である。
                                            レーザー砲からの砲撃に対抗する手段として、

                                             熱エネルギー転換装甲と人工電子結界が使用される。

                                            生産拠点がアンドロメダ陣営に接収され、生産ができないばかりか、
                                            後継モデルでさえ開発できないでいる。
                                            レーザー砲は、いかに少ないエネルギーで効率よくビームを

                                            収束させられるかで威力が違ってくる。
                                            第6世代艦までは、他の退役艦からリサイクルして使用してきたが、
                                            いくら数万年の耐久力を持つアトランティスの技術とはいえ、
                                            経年劣化により損耗しており、徐々に地球製の投射兵器に

                                            置き換わりつつある。
                                            最近になって、地球でもビーム兵器の研究が行われており、
                                            ようやく、次期レーザー砲の計画が動き出した。

                    120cm魚雷6セルVLS
                                            アトランティス艦隊が保有する、最強の破壊兵器。
                                            500Ktクラスの貫通型核弾頭を内蔵し、敵艦内部から破壊する。
                                            宇宙放射線の線量を考えると、

                                            核弾頭の爆発により発生する放射線の影響は
                                            考慮されるほどのものでなく、まったく問題視されていない・・・。


                近接対空武装
                    47mm連装近接レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力対空火器
                    40mm連装近接レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力対空火器
                    30mm単装近接レーザー砲・・・アトランティス艦隊の主力対空火器
                                            防空砲撃戦で使用する小口径砲である。
                                            生産拠点がアンドロメダ陣営に接収され、生産ができないばかりか、
                                            後継モデルでさえ開発できないでいる。
                                            レーザー砲は、いかに少ないエネルギーで効率よくビームを

                                            収束させられるかで威力が違ってくる。
                                            第6世代艦までは、他の退役艦からリサイクルして使用してきたが、
                                            いくら数万年の耐久力を持つアトランティスの技術とはいえ、
                                            経年劣化により損耗しており、徐々に地球製の投射兵器に

                                            置き換わりつつある。
                                            最近になって、地球でもビーム兵器の研究が行われており、
                                            ようやく、次期レーザー砲の計画が動き出した。

                機関
                    ADE-NGG03E型ネガティブグラヴィティジェネレーター
                                            アトランティス艦隊主力艦が使用する標準的な重力波発生機関。

                    ADE-NGG03B型ネガティブグラヴィティジェネレーター
                                            アトランティス艦隊が使用する中規模艦艇用の重力波発生機関。

                    ADE-NGG02D型ネガティブグラヴィティジェネレーター
                                            アトランティス艦隊が使用する小規模艦艇用の重力波発生機関。

                    ADE-PHB73T型核融合
                                            アトランティス艦隊が使用する唯一の動力炉
                                            耐用年数は約5万年とされているが、徐々に損耗しており、

                                            地球製原子炉に置き換わりつつある。

                    ADE-MGD03B型 亜高速ドライブ
                                            アトランティス艦隊主力艦が使用する標準的な炭化水素系燃焼ドライブ。
                                            マントルを形成する惑星があるならどこの銀河でも採掘が可能

                                            という理由で採用されている。
                                            タンカーが随伴するならマントルの成分から炭化水素系の

                                            燃焼材(地球でいう化石燃料)を容易に精製できるので
                                            敵味方どの陣営でも炭化水素系燃焼ドライブが使用されている。

                    グラビティ・トラクター・アンカー
                                            もともとは、係留用のアンカーを武器として流用したもの。

                防御武装
                    対エネルギーナノシールド(人工電子結界)
                                            各銀河の陣営が保有しているシールドシステムで、

                                            ビーム兵器から防御することを目的とする。
                                            ナノマシンの初歩的な利用法として、太古から用いられている。
                                            シールド周波数を調整することで幅広いビームから防御できるが、

                                            実体弾に対しては、ほとんど無力に近い。
                                            ただ、航行中のデブリの衝突くらいは防ぐ程度の防御力はもっている。

                    対損傷ナノリペア・・・戦闘中に損傷した箇所を応急処置を行うナノマシン
                                            気密区画の密封や弱くなった装甲部材を補強したりするのが

                                            目的であるが、損傷個所の失われた機能を回復させることはできない。


----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■ヤマト・インダストリーズ社【地球企業】
            アトランティス艦隊に納入している地球企業としては最大規模のIT企業。
            地球では入手困難な超ハイテクなアトランティス艦隊用の代替装備の提案と納入を行っている。
            また、アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社とは提携関係にあり、
            さまざまな宇宙技術を地球にフィードバックする役目ももっている。

            ●納入装備
                対艦武装
                    YASS2020EBT35型35cm連装電磁砲

                                            ・・・地球製としては初期に開発された電磁投写式兵器。
                                                        実体弾系の主砲として分類されている。
                    YASS2020EBLS20型20cm単装電磁砲

                                            ・・・地球製としては初期に開発された電磁投写式兵器。
                                                        実体弾系の副砲として分類されている。

                近接対空武装
                    YASS2019EGT030型30mm連装電磁砲

                                            ・・・地球製としては初期に開発された電磁投写式兵器。
                                                        実体弾系の対空火力として各艦に大量に配備されている。

                防御武装
                    対艦隊戦攪乱ナノデコイ(識神)

                                            ・・・呪符型ナノシールドの実体化アルゴリズムを応用して開発された
                                                    実寸1/1型の識神システムである。
                                                    非常に大量のナノマシンを消費するが、戦闘艦の建造費用を考えると
                                                    かなりオトクなシステムであることから、急速に普及しつつある。
                                                    ただしコントロールする側のナノキャリアのスキルによって
                                                    得られる効果に著しい格差があり、この差を縮小するために
                                                    サイキックジェネレーターが使用されている。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■アットー・メララ社【地球企業】
            イタリアの高性能艦載砲メーカー
            非常に高い命中精度とすぐれた連射性能が買われている。

    開戦時にプラダ社と資本合意し経営統合されてしまった。

            ●納入装備
                対艦武装
                    MASS2017NBS013型127mm単装近接速射砲

                                  ・・・地球洋上艦に搭載されている標準的な無人型自動砲塔
                                            洋上艦では排莢は甲板に放り出されるが、宇

                                            宙艦ではデブリ化防止のため、メッシュチューブにて
                                            艦内に回収される。
                                            主に有視界(超接近戦)での対艦/対空戦闘にて使用される。

 

                    MASS2019NBS025型250mm単装近接速射砲

                                  ・・・地球洋上艦に搭載されている標準的な無人型自動砲塔を

                                            ベースに大型化したもの。
                                            主に有視界(超接近戦)での対艦/対空戦闘にて使用される。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■エルコン社【地球企業】
            スイスの高性能銃器メーカー

    開戦直後に経営基盤強化の為サークルメタル社と合併した。


            ●納入装備
                近接対空武装
                    LASS2019NGT030型30mm近接連装砲

                                  ・・・地上部隊の防空用に使用されていた30mm機関砲を宇宙艦用に

                                               アレンジしたタイプ。
                                           毎分700発の連射性能を誇り、主に有視界(超接近戦)での対空戦闘にて

                                              使用される。
                                           排莢ははデブリ化防止のため、メッシュチューブにて艦内に回収される。



----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■ロッキーマウンテン社【地球企業】
            アメリカの大手国防企業
            ●納入装備
                近接対空武装
                    Mk-77 宇宙用 VLS

                                  ・・・地球洋上艦に搭載されている標準的なミサイル垂直発射システムを

                                            宇宙艦向けに改良したもの。
                                            再装填は艦の内部から行われるように構造が変更されている。
                                            目標の探知には、艦の重力センサーとは別に、近接防御のためだけに

                                            改良されたSPY-3Sレーダーが担当して
                                            正面180度全視界の512目標を追跡し、宇宙艦のためだけに開発された

                                            SPY-3Iフェーズドアレイイルミネーター
                                            最大256目標に対して同時に迎撃を行う。
                                            Mk-77 の装填数は48発で、毎秒1発ずつ連射が可能で、

                                            発射の終わったキャニスターは、艦内コンベアーにて速やかに
                                            次弾と交換される。
                                            256発目が目標に命中すれば次の1発が誘導が可能になるので実質的に、

                                            弾切れになるまで連射が可能となる。
                                            ただ、256発というのはあくまで精密誘導が必要なケースであり、

                                            飛翔途中の誘導が省略可能な場合は、他のドローン
                                            の誘導が可能でその場合は、1024発まで同時に誘導することが

                                            可能となる。

                量産型、小型核融合
                                            RM-CFR10-MP01X    10万KW級の小型核融合炉の先行量産型
                                            2010年代には小型核融合炉の開発には成功していたが、大型化とエネルギーの

                                            安定化に難航し、四菱電機と四菱重工の協力を得てようやく安定稼働実現の

                                            メドがついた。
                                            現在、アトランティス艦隊が使用している ADE-PHB73T 型核融合炉は

                                            耐用年数がとっくに過ぎており、暫定的に地球製の原子炉を搭載している

                                            艦が出ている。
                                            しかし、地球製の核融合炉が量産化されると、これらの核融合炉が

                                            アトランティス艦隊の主流な動力炉として採用される見込みである。
                                            現在は、出力がまだ10万KW級の CFR10 シリーズの生産ラインが

                                            立ち上げられたばかりだが、今後、20万KW級の CFR20 、40万KW級の

                                            CFR40 シリーズの開発が行われる予定。
                                            技術的に小型化には限界があり、4S原子炉カートリッジのように

                                            AMP等の陸戦型戦闘機に搭載される予定はない。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

        ■ライセオン社【地球企業】
            アメリカの大手国防企業
            ●納入装備
                近接対空武装
                    SM-8 RIM-222 ブロック2 近接対空ドローン

                                  ・・・Mk-77から発射される対空用ドローン
                                            空気のない空間を飛行するために翼はなく、固体燃料の噴射ノズルと

                                            姿勢制御スラスターにより機動を行う。
                                            宇宙空間では音速の30倍(地球大気内ではせいぜい4倍)まで

                                            加速させるので急激な進路変更は損傷の原因となるため
                                            大気圏内のように少ない距離で方向転換ができない。
                                            ただ、これは宇宙戦闘機でも同じことがいえるので、実質的には

                                            宇宙空間では高機動タイプのドローンに位置づけられている。


----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

        ■ゴーイング社【地球企業】
            アメリカの大手国防企業
            ●納入装備
                近接対艦武装
                    SM-8 SGM-123A 宙対艦ドローン

                                  ・・・Mk-77から発射される対艦用ドローン

                                            実質的には魚雷のカテゴリに含まれる武装だが、魚

                                            の前提条件である核弾頭は装着されておらず、

                                            通常炸薬が装填されていることから、ドローンと分類されている。
                                            空気のない空間を飛行するために翼はなく、

                                            固体燃料の噴射ノズルと姿勢制御スラスターにより機動を行う。
                                            魚雷より小型のため、加速性能と機動力に優れ、

                                            接近してくる小型戦闘艦に有効とされている。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■四菱重工社【地球企業】
            日本の大手防衛企業
            ●納入装備

                近接対艦武装
                    SM-8 SSM-10S 宙対艦ドローン

                                  ・・・Mk-77から発射される宙対艦ドローン

                                            実質的には魚雷のカテゴリに含まれる武装だが、魚雷

                                            の前提条件である核弾頭は装着されておらず、

                                            通常炸薬が装填されていることから、ドローンと分類されている。
                                            空気のない空間を飛行するために翼はなく、

                                            固体燃料の噴射ノズルと姿勢制御スラスターにより機動を行う。
                                            魚雷より小型のため、加速性能と機動力に優れ、

                                            接近してくる小型戦闘艦に有効とされている。
                                            SGMタイプと異なり、電子戦への抵抗性が大幅に強化されている。

                近接対空武装

                    YHI8-Mk3 ガーランド 複合CIWS

                                  ・・・ロシア洋上艦の近接防空システム、コールチクを宇宙艦用に

                                            改良したものを日本がライセンス生産しているタイプ。

 

                                       Gsh-30J 30mmガトリング
                                       SA-33SJ 宙対宙ドローン12連装VLS
                                                    128目標同時追尾可能な追跡レーダーと、

                                                    2組の30mmガトリング、1器の12連装VLSランチャーから構成される
                                                    独特な複合近接防御火器で、あらゆる局面にて

                                                    同時多発的に展開される個別の目標に対して同時に対処できる

                                                    システムで大規模な空襲で混乱が予想される中の最後の

                                                    防空手段として期待されている。


                艦載機
                    SSF-20122J 艦上戦闘機

                                  ・・・アトランティック・エアテクノロジーズ社製が開発した

                                            SSF-20122 を日本空軍用にライセンス生産した機体
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレーターを双発で装備し

                                            宇宙空間を光速に近い速度で飛行する。
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレータは、

                                            あくまで航空機搭載用に小型化された機関なので、
                                            重力ジャンプ機能は持たない。
                                            SSF-20122J は、艦隊防空を主任務とするが、

                                            航空攻撃隊の護衛任務も受け持つ。
                                            地球製制空戦闘機より一回り大きいが、動力の性質上、

                                            大気圏内での機動力はかなり悪い。
                                            固定武装は35mmレーザー砲1門だが、

                                            対空用ハイマニューバードローンを24発搭載している。

 

                    SSA-20120J 艦上攻撃機

                                  ・・・アトランティック・エアテクノロジーズ社製が開発した

                                            SSF-20120 を日本空軍用にライセンス生産した機体
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレーターを双発で装備し

                                            宇宙空間を光速に近い速度で飛行する。
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレータは、

                                            あくまで航空機搭載用に小型化された機関なので、
                                            重力ジャンプ機能は持たない。
                                            SSA-20120J は、敵艦隊襲撃を主任務とする。
                                            地球製戦闘機よりかなり大きい上に、動力の性質上、

                                            大気圏内での機動力はかなり悪い。
                                            固定武装は40mmレーザー砲4門に、魚雷を4発と、

                                            自衛用対空ドローンを12発搭載している。

 

                    SU-35J 制空戦闘機

                                  ・・・スホーイ製作所が開発した SU-35 を日本空軍用にライセンス生産した

                                            機体。
                                            F-2の後継機として納入が決定された。
                                            電子機器は日本製に置き換えられており、

                                            4.5世代最後の戦闘機とはいえ戦闘能力だけを見れば、
                                            第5世代とも互角に戦える十分な性能を誇っている。

 

                    SU-50J 制空戦闘機

                                  ・・・スホーイ製作所とインドが共同で開発したステルス戦闘機

                                            PAKFA(T-50) を日本空軍用にライセンス生産した機体。
                                            価格高騰により納入が途中打ち切りとなったF-35Jを補完するために

                                            納入が決定した機体。
                                            最初は20機程度の納入を予定していたが、北方領土返還と

                                            宇宙艦隊整備計画に伴い数千機単位での大規模発注となった。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------


        ■アトランティック・エアテクノロジーズ社製【アトランティス企業:和名】
            アトランティス艦隊の主要航空機を開発している国営企業
            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社の子会社となっているが、

            アトランティス帝国崩壊以前は、アトランティック・エアロスペースエンジニアリング

            と言う航空機専門のメーカーだった。
            天の川銀河の辺境にて孤立したことで企業活動が維持できなくなり、

            アトランティック・ディフェンス・エレクトロニクス社に
            吸収合併されることで航空技術を維持している。
            戦闘艦ほどの大規模な建造設備を必要としないため、航空機に関しては、

            なんとか新機種をリリースする能力を維持している。


            ●納入装備
                艦載機
                    SSF-20122 艦上戦闘機

                                  ・・・最近開発されて量産を開始した最新鋭の戦闘機。
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレーターを双発で装備し

                                            宇宙空間を光速に近い速度で飛行する。
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレータは、

                                            あくまで航空機搭載用に小型化された機関なので、
                                            重力ジャンプ機能は持たない。
                                            SSF-20122J は、艦隊防空を主任務とするが、航空攻撃隊の

                                            護衛任務も受け持つ。
                                            地球製制空戦闘機より一回り大きいが、動力の性質上、

                                            大気圏内での機動力はかなり悪い。
                                            固定武装は35mmレーザー砲1門だが、

                                            対空用ハイマニューバードローンを24発搭載している。

 

                    SSA-20120 艦上攻撃機

                                  ・・・最近開発されて量産を開始した最新鋭の艦上攻撃機
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレーターを双発で装備し

                                            宇宙空間を光速に近い速度で飛行する。
                                            航空機用ネガティブグラヴィティジェネレータは、

                                            あくまで航空機搭載用に小型化された機関なので、
                                            重力ジャンプ機能は持たない。
                                            SSA-20120J は、敵艦隊襲撃を主任務とする。
                                            地球製戦闘機よりかなり大きい上に、動力の性質上、

                                            大気圏内での機動力はかなり悪い。
                                            固定武装は40mmレーザー砲4門に、魚雷を4発と、

                                            自衛用対空ドローンを12発搭載している。



----------------------------------------------------------------------------------------------------



        ■アトランティック・サイキック・エレクトロニクス社製【アトランティス企業:和名】
            アトランティス艦隊のナノ技術を研究開発してる国営研究機関。

            ●納入装備
                機関
                    ASE-SG01A型 サイキックジェネレーター




----------------------------------------------------------------------------------------------------



        ■西芝・ウェスティングビル社【地球企業】

            地球最大の原子炉メーカーで、地球の洋上艦や潜水艦などに搭載する原子炉を生産している実績が買われ、新世代型の宇宙艦用の原子炉の開発も行うようになった。
            アトランティス艦隊は、従来からADE-PHB73T型核融合炉に統一されていたが、耐用年数に近づきつつあり、さらに現状として核融合炉の新規開発はアンドロメダに接収された本国でしか行えなかった為、やむを得ず高濃度放射能の危険を承知で原子炉を採用する事となった。


            ●納入装備

                加圧水型熱転換炉
                    加圧水型軽水炉のように発生した熱で蒸気タービンを回すのではなく、
                    発生した熱を直接電気に変換する熱転換器を使用して電力を発生させる。
                    このため冷却水が必要なくなり原子炉のメンテナンス性が大幅に向上した。
                    ただスクラム(緊急停止)した際に、APシリーズのように重力を利用した冷却水自由落下による炉心冷却は宇宙空間では使用できないため、スクラム時でも熱転換器を使用して排熱する事になっている。
                    また、スクラム時の緊急停止は減速材を重力の力で燃料棒に差し込む事によって行われるが、
                    宇宙ではこの方法がとれないため、物理的なスプリング(バネによる反発力)で減速材を挿入する方式をとっている。
                    発電している間は、その電力を使用してバネを支えているが、電力を失うと自然にリリースされるので安全性はいちおう確保されている。 しかしそれでも万全とは言えないので、緊急時には宇宙空間に原子炉を放り出して緊急投棄するシステムになっている。
                    多少のバリエーションはあるものの、規格化されたブロックに格納されることで、必要な電力規模に応じて、自由な数や組み合わせで設置する事が可能となっている。

                    SP10型・・・小規模発電用で、10万キロワット/hの出力を発生させる。
                    SP20型・・・中規模発電用で、20万キロワット/hの出力を発生させる。
                    SP40型・・・大規模発電用で、40万キロワット/hの出力を発生させる。

RSS Feed Widget