アトランティスの亡霊 アトランティス 亡霊 宇宙艦隊 ナノマシン 人工電子結界 陸戦型戦闘機 先進型機動甲冑 小説 SF 学園 軍事 鬼 悪魔 ミリタリー イラスト 美少女 萌
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティスの亡霊【資料室】

アトランティスの亡霊の各種資料

ダイダロス

ダイダロスの起源は太陽誕生より古く、50億年前に遡る。
宇宙の生命体には、有機物と無機物の種族が存在し、ダイダロスは無機物によって構成された生物である。
進化の過程で、他の物質を体内に取り込んで、内部で他の物質に変化させて必要なモノを得ると言う錬金術のような技術を有するようになり、生存に必要なエネルギーも体内で生成している。
しかし原因は不明だが、種の保存には、有機物のDNA構造が必要とされる致命的な欠点も抱えており、有機生命体を家畜として扱っていた時期もあった。
これが、危険視されアンドロメダ陣営とダイダロスとの長きにわたる戦争に発展したとの記録となっているが、もっぱら噂では、ダイダロスのもつ体内錬金術の力を奪おうとして失敗したのが原因とされている。
物質を原子レベルで分解/再構築できるスキルを有しており、この能力がアトランティスのナノマシン技術の強化に繋がった。
彼らの、戦闘機、艦艇もダイダロスそのもので、それぞれが意思を有している。
新しい有機的な種族と接触し、それらの生物学的な技術を模倣技術として取り込むことで進化をし、一時はアンドロメダ陣営を
崩壊させる直前まで優位に立っていたが、現在は長期にわたって進化が停滞しており、各前線でもアンドロメダ陣営に押される展開となっている。
長く有機生命体を家畜として扱っていたが、アトランティスは有機生命体として最初の友好国家となった。

RSS Feed Widget